医院のご案内

当院の特徴

小児耳鼻科から一般耳鼻咽喉科診療を含めより専門性の高い、頭頸部外科診療まで診断、治療を行います。手術の必要な方には適切な施設紹介と必要に応じ院長が執刀致します。
また、セカンドオピニオンにも対応しています。

診療科目

耳鼻咽喉科

み み :
外耳炎、急性中耳炎、慢性中耳炎、難聴、みみの痛みやかゆみ、つまり感 めまい、ふらつき、平衡障害、顔面神経麻痺など
は な :
アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、においの障害、鼻出血など
の ど :
扁桃炎、咽頭炎、のどの違和感・つまり感、声がれ、嚥下障害、逆流性食道炎など
く ち :
口内炎、舌炎、味覚障害など

頭頸部外科

か お :
かおの腫れ、痛み
く び :
リンパ腺の腫れ痛み、甲状腺の腫れ痛み、耳下腺・顎下腺の腫れ痛みなど

頭頸部外科とは?

「頭頸部」とは、文字通り頭部から頸部までの脳・脊髄、眼球を除いたすべての臓器、部位を指します。 のどの奥から、気管、上部食道までも含まれ、その広い範囲内に生じる病気をみるのが頭頸部外科です。 主に顔面、鼻・副鼻腔、口腔、咽頭、喉頭(声帯)、甲状腺、頸部食道の良性腫瘍、悪性腫瘍を対象に診断・治療を行いますが、外傷や嚥下障害、逆流性食道炎なども評価、治療を行います。

 

頭頸部がんとは?

上述の部位に発生する、すべての悪性腫瘍で、具体的には耳のがん、鼻・副鼻腔がん、舌・口腔がん、咽頭がん、喉頭がん、唾液腺がん、甲状腺がん、頸部食道がんや組織をつないでいる軟部組織からのがんもあります。

 

頭頸部がんの特徴

はな、くち、のどのように管腔組織に発生することが多くいため、初期には確認することが難しいこと、自覚症状が少なく、嚥下障害、呼吸障害など症状が出たときは進行がんであることが多くなります。 また、頭頸部は非常に複雑な構造と機能をもった組織が多数存在しますので、進行がんの場合、嚥下、咀嚼、発声、整容面などの障害が強く出てしまいます。

 

頭頸部がんの原因

タバコが最も大きな発癌因子です。喫煙年数×タバコの本数で簡単に計算すると合計が800を超えると喉頭がんの発生率はタバコを吸わない人の約30倍となります。 お酒は咽頭がん、食道がんの危険因子で、タバコとお酒の両者が加われば頭頸部がんの発生率はさらに上昇します。最近では、子宮頚がんの原因であるヒト乳頭腫ウイルス(HPV)が口腔がん、咽頭がんの原因にもなっていることが判明し、治療に結びついています。

 

早期発見の重要性

先述したとおり、頭頸部がんは早期には自覚症状が少なく、進行してしまうと、食事や言葉、顔面形態に影響を与えてしまいます。 自覚症状がなくても、がんの危険因子を持っている方は定期的な検診をお勧めします。NBI(Narrow Band Imaging)機能を有した電子内視鏡では、まだ「しこり」になっていないがんの微小血管変化をとらえることができ、超早期がんも見つけることが可能となっています。

 

医院概要

外観写真内観写真

さきはまクリニック
TEL.098-873-3300

FAX.098-873-3301
沖縄県浦添市経塚585-1
メディカルモール経塚2F

診療時間

診療時間
午前9:00~12:30 手術
午後2:00~6:00 手術

診療時間:
午前9:00〜12:30
午後2:00〜6:00
※土曜日は午後2時までの診療です
休診日:水・日・祝日

アクセスマップ

map
【お車の場合】
浦添市経塚交差点より首里石嶺向け50m進行方向右側
サンエーV21おおな食品館が目印です。
【バスの場合】
沖縄バス「てだこおもろまち線」「てだこ線」、東陽バス「城間線」
第一経塚下車徒歩1分です。